エーライツ評判/エーチームアカデミー費用

エーチームオーディション/エーライツ/エーチムグループ

タグ:エーチーム社長

2014032820015721mva


林業をモチーフにした映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』の完成披露舞台挨拶が3月25日に東京国際フォーラムで行われ、染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、子役の升水柚希(ますみず・ゆうき)、矢口史靖監督が登壇した。
 同作は、三浦しをん原作の累計発行部数35万部超のベストセラー「神去なあなあ日常」を原作にした「青春林業エンターテインメント」。高卒ホヤホヤの18歳が、ヒョンなことから携帯もつながらず、コンビニもないような山奥で林業に従事するようになるという物語。

 ちょっとチャランポランな主人公の平野勇気を演じた染谷は「いつもは人を殺したり、殺されたりといった役が多いのですが、今回は、めいっぱい青春をさせてもらいました」と挨拶。

 染谷扮する勇気が林業に従事するきっかけとなる美人役を演じた長澤は「私自身、矢口監督の作品が大好きで、まさか仲間に入れてもらえるとは思ってもいなかった」と感想を述べると、林業の天才で、勇気の面倒を1年間見ることになるヨキ役を演じた伊藤は「船も沈まなければ、飛行機も落ちたりしません。さわやかな林業エンターテインメントになっています」と自身の代表作である『海猿』に絡めて挨拶をし、会場を湧かせた。

 一方、それぞれのキャスティング理由を尋ねられた矢口監督は、まずは染谷について「今回オーディションで会うまでは出演する映画を見たことがありませんでした。なので普段彼がどういう役をやっているかまったく知らず、とてもチャーミングで可愛い男の子が来たなと思って、笑顔と素直さが勇気役にピッタリだと思って選びました」と明かすと、その後、染谷と伊藤が出演する『悪の教典』を見たそうで、「伊藤さんとスゴイことになっていて、こういうヤツだったんだと初めて知りました(笑)」と続けた。

 長澤については「映画に出てもらうのは初めてなんですけど、以前から何度かお会いし、『この人は男なのか』って思うくらいサバサバしていて、女性らしさをほとんど表に出していない瞬間しか見てこなかったんですよ」と振り返ると、「今回の役は失恋の痛手などがあって男性を近づけない役柄。そのサバサバ感を体当たりで演じてもらいました」とコメント。

 また、ヨキ役を演じた伊藤に関しては「なぜこの映画の原作に惚れたかというと、ヨキというとんでもないキャラクターの魅力に惚れたから。じゃあ誰がこの役をやってくれるのかと考えたときに、海で沈みそうな船を助けたり、沈みそうな飛行機から人を助けたり」と、伊藤同様に『海猿』ネタで笑いをとると、司会をつとめたTBSの安東弘樹アナウンサーも「確かに僕も個人的には海より山が似合うと思いました。ま、TBSの人間だから言うわけじゃないですけどね」と言って会場を湧かせていた。

 『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』は5月10日より全国東宝系にて公開となる。


伊藤英明| A-Team.Inc(エーチーム)

エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明

伊藤英明とは - はてなキーワード





















エーチーム,エーチームグループ評判,エーチームグループ声優,エーチームグループ3次審査,エーチームグループ2012,エーチームグループオーディション,エーチーム噂,エーチーム評判,エーチームグループ費用,エーチームグループ,エーチームオーディション,エーチームアカデミー大阪,エーライツ,エーチームアカデミー大阪校,エーチームアカデミー評判,エーチームアカデミー費用,エーチームアカデミー,(株)エーライツ,エーライツ事務所,エーライツギャラ,エーライツ声優,エーライツ仕事,エーライツ所属,エーライツ噂,エーライツ評判,エーライツ,エーチームモデル,エーチーム事務所,エーチーム2ちゃんねる,エーチーム歌手,エーライツ歌手,エーチーム事務所,エーライツ事務所,伊藤英明事務所,伊藤英明エーチーム,伊藤英明エーライツ,エーチーム伊藤英明,エーチーム社長,芸能プロダクション

175481_l


『スーパーマンが帰ってきた』でチュ・サランのふくれ顔が話題となった。
KBS第2『ハッピーサンデー・スーパーマンが帰ってきた』で秋山成勲(チュ・ソンフン)の娘チュ・サランは、もう一度致命的な愛嬌で視聴者の心を溶かす。

ふくれっ面からしかめっ面に興味を覚えたチュ・サラン。初めは止めろと言っていたパパ、チュ・ソンフンも、最後にはかえって「ふくれっ面~して」とそそのかして笑いを誘った。

KBS第2TV『ハッピーサンデー・スーパーマンが帰ってきた』で、サランの可愛い表情と共にパパのグラビア撮影現場について行ったサランが公開される予定。24日午後4時55分に放送される。

チュ・サランのふくれた顔を見たネットユーザーは、「チュ・サランの表情、何をしてもかわいい」「秋山成勲、若いときにハンサムだったからこんなに可愛いのか」「ユン・フのように可愛い」等の反応を見せた。[写真=KOEN]


秋山成勲 | A-Team.Inc(エーチーム)

エーチームグループオーディション|所属タレント|秋山成勲

秋山成勲 はてなキーワード

2013/11/22 innolife.net

















エーチーム,エーチームグループ評判,エーチームグループ声優,エーチームグループ3次審査,エーチームグループ2012,エーチームグループオーディション,エーチーム噂,エーチーム評判,エーチームグループ費用,エーチームグループ,エーチームオーディション,エーチームアカデミー大阪,エーライツ,エーチームアカデミー大阪校,エーチームアカデミー評判,エーチームアカデミー費用,エーチームアカデミー,(株)エーライツ,エーライツ事務所,エーライツギャラ,エーライツ声優,エーライツ仕事,エーライツ所属,エーライツ噂,エーライツ評判,エーライツ,エーチームモデル,エーチーム事務所,エーチーム2ちゃんねる,エーチーム歌手,エーライツ歌手,エーチーム事務所,エーライツ事務所,伊藤英明事務所,伊藤英明エーチーム,伊藤英明エーライツ,エーチーム伊藤英明,エーチーム社長,芸能プロダクションエーライツ

news_thumb_amoyamo_flash_haishinjk

amoyamo_1


2012年にモデルからアーティストへ活動のフィールドを音楽に拡げ、同年10月にシングル「LET'S GO OUT」でソニーミュージックのレーベル、デフスターレコーズよりメジャーデビューを果たしたAMOYAMOが、10月30日にメジャーファーストアルバム「FLASH」を発売することが決定した。
そして、このアルバムタイトルと同じタイトルを持つ新曲「FLASH」の先行配信が9月11日からスタートする。

この曲はSHAKALABBITSのUkiによる作詞で、作曲・編曲は渡辺未来が務めており、キャッチーなメロディとチャーミングなアレンジが特徴的なロックなナンバーに仕上がっているとのこと。

また前作「MAGIC」に続き、この新曲「FLASH」は「E hyphen World Gallery」のTVCMソングに決定している。

■リリース情報
アルバム「FLASH」
2013年10月30日(水)発売
初回生産限定盤 [CD+DVD]DFCL-2042~2043 3,500円(税込)
通常盤 [CD]DFCL-2044 3,000円(税込)

■配信情報
シングル「FLASH」
9月11日先行配信開始



AMO| A-Plus.Inc(エープラス)

エーチームグループオーディション|所属タレント|AMO

AMOとは - はてなキーワード


AYAMO| A-Plus.Inc(エープラス)

エーチームグループオーディション|所属タレント|AYAMO

AYAMOとは - はてなキーワード


2013.08.23 Musicman-NET













エーチーム,エーチームグループ評判,エーチームグループ声優,エーチームグループ3次審査,エーチームグループ2012,エーチームグループオーディション,エーチーム噂,エーチーム評判,エーチームグループ費用,エーチームグループ,エーチームオーディション,エーチームアカデミー大阪,エーライツ,エーチームアカデミー大阪校,エーチームアカデミー評判,エーチームアカデミー費用,エーチームアカデミー,(株)エーライツ,エーライツ事務所,エーライツギャラ,エーライツ声優,エーライツ仕事,エーライツ所属,エーライツ噂,エーライツ評判,エーライツ,エーチームモデル,エーチーム事務所,エーチーム2ちゃんねる,エーチーム歌手,エーライツ歌手,エーチーム事務所,エーライツ事務所,伊藤英明事務所,伊藤英明エーチーム,伊藤英明エーライツ,エーチーム伊藤英明,エーチーム社長

20130821-00000041-minkei-000-2-view


韓国でも人気の高い貴志祐介さんの同名小説を映画化した「悪の教典」が、8月29日から韓国で公開されることが決まった。日本では昨年11月に公開され、監督は三池崇史さん。(カンナム経済新聞)
 主演の伊藤英明さんが演じるのは、生徒から慕われ、PTAや同僚の教師からの評価も高い高校教師だが、実は他者への共感能力を全く持ち合わせていない生まれながらのサイコパス(反社会的人格障がい)、蓮実聖司役。同作品では蓮実が引き起こす事件の一部始終が描かれる。
 
 7月18日から開催された「富川国際ファンタスティック映画祭」で一足先に公開されたが、ネット上には観客から「現実感が無くなるほど残酷で、映画館を出てからもしばらく忘れられなかった」「見終わった後、快感とも不快感とも違う強烈な印象がしばらく続いた」「マニア的、カルト的な要素が無くはないが、それほど難しくない。ホラーやスリラー映画に免疫のある人ならば軽い気持ちで見ることができる」「ただのハンサムだと思っていた伊藤英明を見直した作品」など、さまざまな意見が寄せられた。

 貴志さんの作品で、韓国ファンに最も知られるのが、1997年に日本ホラー小説大賞を受賞した「黒い家」。日本では森田芳光監督により1999年に映画化され、2007年には韓国版も製作された。韓国版の観客動員数は約140万人。韓国では「ホラー作品は100万人を超えればヒット」と言われるだけに、この記録は大健闘したといえる。それだけに今回の作品にも期待が高まる。


みんなの経済新聞ネットワーク 2013.08.21



伊藤英明| A-Team.Inc(エーチーム)

エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明

伊藤英明とは - はてなキーワード












エーチーム,エーチームグループ評判,エーチームグループ声優,エーチームグループ3次審査,エーチームグループ2012,エーチームグループオーディション,エーチーム噂,エーチーム評判,エーチームグループ費用,エーチームグループ,エーチームオーディション,エーチームアカデミー大阪,エーライツ,エーチームアカデミー大阪校,エーチームアカデミー評判,エーチームアカデミー費用,エーチームアカデミー,(株)エーライツ,エーライツ事務所,エーライツギャラ,エーライツ声優,エーライツ仕事,エーライツ所属,エーライツ噂,エーライツ評判,エーライツ,エーチームモデル,エーチーム事務所,エーチーム2ちゃんねる,エーチーム歌手,エーライツ歌手,エーチーム事務所,エーライツ事務所,伊藤英明事務所,伊藤英明エーチーム,伊藤英明エーライツ,エーチーム伊藤英明,エーチーム社長

このページのトップヘ