20130821-00000041-minkei-000-2-view


韓国でも人気の高い貴志祐介さんの同名小説を映画化した「悪の教典」が、8月29日から韓国で公開されることが決まった。日本では昨年11月に公開され、監督は三池崇史さん。(カンナム経済新聞)
 主演の伊藤英明さんが演じるのは、生徒から慕われ、PTAや同僚の教師からの評価も高い高校教師だが、実は他者への共感能力を全く持ち合わせていない生まれながらのサイコパス(反社会的人格障がい)、蓮実聖司役。同作品では蓮実が引き起こす事件の一部始終が描かれる。
 
 7月18日から開催された「富川国際ファンタスティック映画祭」で一足先に公開されたが、ネット上には観客から「現実感が無くなるほど残酷で、映画館を出てからもしばらく忘れられなかった」「見終わった後、快感とも不快感とも違う強烈な印象がしばらく続いた」「マニア的、カルト的な要素が無くはないが、それほど難しくない。ホラーやスリラー映画に免疫のある人ならば軽い気持ちで見ることができる」「ただのハンサムだと思っていた伊藤英明を見直した作品」など、さまざまな意見が寄せられた。

 貴志さんの作品で、韓国ファンに最も知られるのが、1997年に日本ホラー小説大賞を受賞した「黒い家」。日本では森田芳光監督により1999年に映画化され、2007年には韓国版も製作された。韓国版の観客動員数は約140万人。韓国では「ホラー作品は100万人を超えればヒット」と言われるだけに、この記録は大健闘したといえる。それだけに今回の作品にも期待が高まる。


みんなの経済新聞ネットワーク 2013.08.21



伊藤英明| A-Team.Inc(エーチーム)

エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明

伊藤英明とは - はてなキーワード












エーチーム,エーチームグループ評判,エーチームグループ声優,エーチームグループ3次審査,エーチームグループ2012,エーチームグループオーディション,エーチーム噂,エーチーム評判,エーチームグループ費用,エーチームグループ,エーチームオーディション,エーチームアカデミー大阪,エーライツ,エーチームアカデミー大阪校,エーチームアカデミー評判,エーチームアカデミー費用,エーチームアカデミー,(株)エーライツ,エーライツ事務所,エーライツギャラ,エーライツ声優,エーライツ仕事,エーライツ所属,エーライツ噂,エーライツ評判,エーライツ,エーチームモデル,エーチーム事務所,エーチーム2ちゃんねる,エーチーム歌手,エーライツ歌手,エーチーム事務所,エーライツ事務所,伊藤英明事務所,伊藤英明エーチーム,伊藤英明エーライツ,エーチーム伊藤英明,エーチーム社長